2020年05月19日

土壌医検定講習会の準備中(秋口募集予定!)

毎年2月に行われる土壌医検定。

2021年度の試験は、2月14日に決定いたしました。

一般財団法人 日本土壌協会 土壌医検定試験公式サイト
 ↓ ↓
http://www.doiken.or.jp/

アグリガーデンスクール&アカデミーでは試験に向けての講習会を昨年実施し、
88%の合格率を達成いたしました。

現在、ネットを利用した講習会の準備を進めております。

カリキュラムや詳細が決まり次第お知らせいたします!


土壌医検定とは
 ※土壌医検定公式HPより

 近年、野菜を中心として養分バランスの崩れによる生育障害や連作障害等の改善やコスト低減の観点から土壌診断による適正施肥が重要な課題となっています。

 しかし、公的機関を中心として土づくりについてアドバイスや指導をできる人材が少なくなってきています。
 このような現状を改善し、土づくりのアドバイスや指導を担う人材を多く確保するために、日本土壌協会では、土づくりに関心を有する人達の底辺を広げ、段階的にレベルアップしていけるような3試験区分の検定試験を実施しております。

 試験の名称は、作物生育の健全性を維持するために土壌診断を通じて改善を行う専門家という内容から見て『土壌の医者』と言えることから「土壌医検定試験」と命名しております。

 試験合格後は、当協会へ登録していただくことにより「土壌医」等の資格の名称が使えます。また、資格登録者のレベル維持・向上のための研鑽とともに、人的交流の場として地域土壌医の会の組織化等を推進しています。
posted by AGSA at 17:35| Comment(0) | 日記