2020年05月29日

アグリガーデンスクール&アカデミー代表の紹介です

新型コロナウイルスの影響で4月5月と休校としておりましたが、
来週より7期生の講義が始動いたします。

関係者の皆様、今年度もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

本日は、当校代表の紹介です。

株式会社 アグリガーデンスクール&アカデミー 
代表 堂脇広一(どうわきこういち)

●プロフィール
1963年神戸生まれ。早稲田大学大学院卒、国際経営学MBA取得。
幼少期から成人まで東京の東久留米市で育ち、現在、埼玉県に在住。
大学卒業後サラリーマン人生を経て独立し、農業農村の活性化や海外でのインキュベーションプロジェクトにコンサルタントとして携わる。2000年にe-アグリ株式会社を立上げ、ITを使った農産物流通改革による中山間地農業の活性化に約10年間取り組んだ。
多様な人材集積効果による地方創生を目標に 2014年10月にアグリガーデンスクール&アカデミー福岡・朝倉校を開校した。アグリガーデンスクール&アカデミー事業の推進にすべてをかけて邁進中。


●代表あいさつ
かつて、100年以上の伝統と歴史を誇った福岡県立朝倉農業高等学校跡地に、2014年10月アグリガーデンスクール&アカデミー(以下AGSA)は誕生いたしました。
AGSAは、全国に増えつつある「閉校」を舞台に、セカンドキャリアとして農業を目指す定年退職者や現役企業人、および研究意欲の高い若手現役農家などが、「土づくり」を基本とする日本の農業の「真価」と「奥深さ」を改めて学び、研究し、実践力を身につけることができる民間の農業ビジネススクールです。
様々な年齢層とバックグランドを持った人材が集まることで、日々のカリキュラムや研究活動を通して新たな「発想」や「研究テーマ」などが生まれ、各講師陣や関連する企業・大学等とともにそれを追求していくことで、AGSAでの活動が新鮮な「感動」と「発見」に満ちた時間になるものと確信いたします。

さて、AGSAはいよいよ6年目に突入いたしました。今後の新たな目標として、これまでのスクール事業の実績をベースに、より一層カリキュラムの内容を充実化させ、多様な人材や企業が集う環境づくりに努めております。

また、アカデミー部門の最大の目標である、医農科学(r)に関する諸研究を徐々に開始し、研究活動の新たな期軸をつくるため、各分野の専門家も集まってきております。

福岡・朝倉校は、全国に先駆けて設立されたまさに「パイオニア校」であります。入学された皆様が、「健康に直結する農業」という次代に受け継ぐべく重要テーマに取り組む中で、人生の新たなチャレンジ目標を設定し、達成していけるような「場」となることを、心から期待しております。

10431222_1526380960923920_2453985594559775632_o.jpg
posted by AGSA at 22:00| Comment(0) | 日記

2020年05月28日

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金

〜脱コロナに向けた協生支援金〜

 「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」(令和2年4月20日閣議決定)において、「新型コロナウイルスの感染拡大を防止するとともに、感染拡大の影響を受けている地域経済や住民生活を支援し地方創生を図るため、本経済対策の全ての事項についての対応として、地方公共団体が地域の実情に応じてきめ細やかに必要な事業を実施できるよう、「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金(仮称)」を創設する」こととされました。


詳しくはこちら

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/rinjikoufukin/pdf/20200501_gaiyou.pdf
posted by AGSA at 09:50| Comment(0) | 日記

2020年05月27日

夏に収穫できる野菜

夏野菜の代表格は果菜類!!

夏野菜は圧倒的に果菜類が多く、日常の定番野菜としてもよく知られています。

3月中旬から、ミニトマト、トマト、キュウリなどの種まきがはじまり、4月にはナス、カボチャ、ゴーヤ、5月になるとズッキーニやオクラ、トウモロコシなどを植えることができます。

早ければ6月下旬から、だいたいは7月から、ミニトマト、トマト、ズッキーニなどなど、たくさんの野菜が収穫シーズンを迎えます。

夏野菜は同じ料理の具材として入れるのに相性が良く、トマトやズッキーニ、ナスの組み合わせなら、ラタトゥイユや夏野菜カレー、パスタソースなどたくさんの料理を作ることができます。

もちろん、単品で食べてもおいしいのが果菜類のメリットです。

スイカや焼きとうもろこしは、昔から夏休みの定番おやつです。

キュウリやトマトはマヨネーズやミソなど、トッピングするソースを変えることでいく通りもの味わいを楽しめます。

彩り豊かでさまざまなアレンジができるのが、夏の果菜類の特徴です。
IMG_1996.JPG
posted by AGSA at 15:13| Comment(0) | 日記